石上神宮(いそのかみじんぐう)でお守りゲット

石上神宮
石上神宮

こんにちは。

今日は、わたしが運動不足の解消のためにしている、寺社巡りのことを書きます。

引きこもりがちだとどうしても運動不足になってしまいます。

たまには歩かなければヤバイのかも‥と、たまにお寺や神社に出かけています。

敷地が広いのでけっこう歩くのと、緑があることが多いのでマイナスイオンを吸えます。

鶏
石上神宮

こころが浄化されていくような気がします。

実は、わたし、仏さまや観音さまをお参りするのも大好きなんです。

今回は、奈良県天理市にある石上神宮まで行ってきたお話しです。

パワースポットとしても有名なところです。

石上神宮は、歴史も古く「古事記」や「日本書紀」にも記述があるほどです。

神社の鳥居をくぐると、ニワトリさんがたくさん放し飼いされていて、びっくりします。

ニワトリは暁(あかつき)の時の声を告げる、神のお使いと思われていたそうです。

田舎育ちのわたしは、小学校の時ニワトリを飼っていたことを思い出しました。

ごしんせんまもり

ここで「御神せん守」(ごしんせんまもり)というお守りを手に入れました。

じつは、これが目的で石上神宮まで遠路はるばる行ったのでした。

このお守りは、起死回生というご利益があるのです。

起死回生とは…死にかけていたものを生き返らせること。ほとんど望みのなくなった状態を、再び元の状態に盛り返すこと。

表には御神宝の「七支刀」が描かれています。

朱色と黒色のお守りがありましたが、私は黒を選択。

起死回生を今か今かと待っているところです。

ほんとうに元気になったら、すごいですよね。

深い森の中にある歴史を感じさせるおごそかな神社で、心が鎮まり(しずまり)、いい体験ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です