曼荼羅(マンダラ)ギャラリー 第2弾 

こんにちは。

マンダラギャラリー再びです。

前回は、マンダラとはそもそも何なのかもわからずに、見ていて楽しいというだけでギャラリーをつくってしまいましたので、

今回はちょっと(本当にちょっとです)調べてみたんですが…

仏教用語の漢字ばかりでした。

正直にいいますと、ほとんどわたしには何のことやらわかりません。

まず、小学館の日本国語大辞典を引っ張り出してきて、マンダラをひいてみました。

『マンダラとは、密教で、宇宙の真理を表すために仏・菩薩(ボサツ)を一定の枠の中に配置して、図示したもの

  • 金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)
  • 胎蔵界曼荼羅(たいぞうかいまんだら)

などがある。』

ここまで読むのに、字が小さすぎて眼鏡をはずしてました。近眼が役にたちます。

でも、密教は仏教の宗派の一つというざっくりしたイメージはあるけれど、

金剛界(こんごうかい)とか胎蔵界(たいぞうかい)って何だろう?と思い、

今度は小学館のデジタル大辞泉で調べました。

金剛界(こんごうかい):大日如来のすべての煩悩をうちやぶる強固な力をもつ智徳の面

胎蔵界(たいぞうかい):蓮華や母体が種子を生育するように、人の仏性を育て仏とする理法の世界

複雑な図解もありましたが、どうやら胎蔵界のほうは現実世界をあらわしているようなんです。

種子を生育というくだりで、わたしが連想したことがあります。

最近小学生の下の子の部屋を掃除したら、4年前の理科のアサガオの観察でとれた種がでてきました。(たぶんアサガオでしょう、記憶があいまいですが…)

20粒くらいありました。

捨てるのも何だし、「庭のどこかに埋めといたら~」と軽く言ったら、

昨日たくさんが出てました。

種って消費期限とかないんですか?

種ってすごいんですね、田舎育ちなのにわたしは何も知りません。

でも、考えたら種ってすごく夢がありますね。

あらゆる可能性があんな小さな黒い粒(つぶ)に凝縮されているんです。

すべての煩悩をうちやぶるのはとうてい無理なわたしですが、種を育てることくらいはしようと思います☺

第1弾より見にくいかもしれませんが、ギャラリーご覧になってくだされば嬉しいです。

曼荼羅(マンダラ)ギャラリー 第2弾 ” に対して2件のコメントがあります。

  1. チタン印鑑 より:

    芽が出て、いいですね! ヾ(*´∀`*)ノ

    1. 夏子 より:

      コメントありがとうございます!芽がたくさん出過ぎて、間引かないといけないくらいなんですよ(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です