うつ病、出来ない自分を責めない

こんにちは、夏子です。

ご訪問いただきありがとうございます。

今日は、アドラー心理学の言葉をご紹介します。

今の自分を認めて、一歩前進。

これは、わたしがこのブログをはじめたきっかけでもあり、目標です。

ブログを続けて4か月経ちましたが、果たして少しは前進できているのでしょうか。

現状:前進できる日もある

うつ病で仕事ができなくなったとき、わたしはそうとうめげていて、きっと今後何をしてもうまくいかないだろうと本気で考えていました。

そして、うつ病の原因になったと思われる出来事や人を、丑の刻参りをしかねないぐらい呪っていました。

ひかないでくださーい( ;∀;)

そしてうつ病の回復期に入りメンタルクリニック通いも月に1回になった今、自分を肯定できるかというと、正直言ってそうでもありません。

うつ病の波のどん底で、1日布団の中という日もまだあります。

否定的な考え方も、なかなか自分からでていってくれません。

それでも、ときどき深い海の底から息継ぎをするように浮上してくるときがあります。

そんなときにぼちぼちしていることが、少しずつ増えてきました。

  • 散歩
  • 料理
  • お裁縫
  • プログラミングなどのパソコンの勉強
  • ブログ、SNS(Twitterとインスタグラム)

フォローしてくださったらうれしいです!

散歩に関しては、ほんとうに最近歩数を意識するようになりました

以前は引きこもり寸前状態でしたので、1日1回外出することが目標でした。

今は、できたら1日5千歩・週で3万5千歩あるきたいのですが、理想には程遠い状態です。

調子の悪い日は、1日250歩という日もあります。

心身の調子の波と歩数がみごとにリンクしていますので、これがなるべく安定して歩けるようになってくれたらと思います。

奈良県の月ケ瀬梅林

久しぶりの寺社巡りで歩数をかせぎました

このブログのカテゴリーに”寺社巡り”があるように、寺社を訪問し仏像などを眺めるのは以前から癒しでした。

ただただ歩くのが苦手なので、買い物に行くなど目標を決めて歩数をかせいでいますが、レジャーで歩くのも良いと思い運動不足の二男を引き連れて出歩いています。

夫は外に行くのが好きなのでとても満足気ですが、わたしはレジャーの翌日に疲れ果ててダウンしています(;・∀・)

久しぶりの寺社巡りは、本場の京都で。

京都の千本釈迦堂の仏像はとても見応えがありました。

千本釈迦堂

今が梅の見ごろであろう北野天満宮も散策しました。

学問の神様が、どうかわたしの息子ふたりにご加護を与えてくださいますように・・。(とくに高校生のお兄ちゃんに)

北野天満宮にはすこしだけ屋台も並んでいました。

北野天満宮

人混みが極端に疲れるのですが、京都はコロナウィルス流行の影響でしょうかあまり混雑はしていませんでした。

北野天満宮

京都の寺社巡りの日は、7000歩もあるけたんです!

お寺の効果、恐るべし。

景色の良いところを歩くのはリラックスにもなり、いろいろな発見もありました。

北野天満宮の近所でおいしいカレーうどん屋さんを見つけました。

コロナウィルスの影響

すこし話題はそれますが、子どもがコロナウィルス対策で1か月以上家にいることとなり、わたしも動かざる得ない状況が増えました。

これがわたしの病状に吉と出るか凶と出るかわかりませんが、政府が決めたことなので受け入れて、いろいろと模索しています。

わが家のマスクの在庫が少ないので、手作りマスクをつくってSNSにあげてみたりしました。

こんな感じのものです。

生活も育児に携わることが多めになってきて、アメーバブログでさせてもらっている育児ブログに書くこともけっこうあります。

アメブロに「高校生長男に家事を仕込み中」をシリーズ化して、パート3まで書きました!

長男に料理を教えている様子をアップしています。

主婦のわたしにとって大敵である料理も、たまにはできるんです。

「たまには」ですが‥。

このように調子のよい日はそれなりに浮上している夏子ですが、

悪いときもそれなりに悪くなってしまいます。

調子が悪くても無理して何かおこなうと、失敗してしまうこともおおいものです。

今日なども子どものマスクの洗い替えをつくったところ、むっちゃ小さくなってしまって、幼稚園児がするくらいのサイズ感に。

二男に作り直しを命じられました。かなしい。

調子が悪いときは、おとなしく療養が一番です。

うつ病になって失敗もたくさんするけれど、自分を責めずに生きたい

一日動けない日は、夕方ぐらいになると何とも言えない虚無感に襲われてしましいます。

そんななかでも、せめてお風呂にゆっくりはいろうなどなにかできることをみつけて、それができたらOKにしています。

子どもの話を聞いてやるとか、テレビを見るとか、三食ちゃんと食べるとかなんでもいいからできそうなことをみつけて、もしできたら自分をホメてやっています。

できなかったら、明日があるのでだいじょうぶです。

うつ病になってわかったのは、普通に暮らすことの貴重さです。

働いてお金をかせげたり、なにか目標に向かって勉強や運動できたり、家族のために家事をすることはとてもすごいこと。

それができるだけで十分なのに、もっともっとと思っていた自分に助言してやりたい気分です(ノД`)・゜・。

他人はもっとしているからと思っていたけれど、他人っていったいだれのこと?という感じで今はいます。

それに、普通に暮らすの「普通」ってどういうことをいうのかなって考えなおすときもあります。

私の場合、うつ病がひどいときには物忘れがひどかったのですが、今もたまにすることがあります。

へんに記憶力に自信があったので、スポーンと忘れていたりすると落ち込んでしまいますが、もしかしたら老化なのかもしれません。

考えてみれば、うつ病になろうがなるまいが、わたしにいたってはこれからなにか前進することはほとんどなくてむしろ後退するほうが多い年齢です。

今の自分を認めて、かつすこしでも前進したいと思える勇気をもてるようになりたい。

結果的に前進していなくても、それはそれで、できるときにできることをしていこうと思っています。

失敗もブログのネタになるかなあくらいの感じでやっていこうと思いますので、良かったらまた読んでやってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です